2014年度各班紹介


東あけび苑では、生活介護事業を利用者の課題ごとに4つの班に分け、就労班(就労継続支援B型事業)と合わせ、5つのグループで活動しています。
各班の構成・特色・日課・独自行事等を紹介します。


生活介護事業A班

■構成
 利用者…7名 ・ 職員…3名

■特色
体力面や持病等による課題を有する方が、身体機能の維持およびゆるやかな向上をめざして活動する班です。
作業活動も行いますが、機能維持活動をより重視しています。

■日課
午前中は苑外での散歩や西棟でのウォーキングやリハビリ・ストレッチ等を行います。
午後は主に軽作業を行います。

■班行事
10月、「外食活動」として、公園にて自然の中で季節を感じながら、外食(弁当等)をすることで、班内の利用者の交流 を深めます。
3月、「喫茶活動」として、他法人の事業所が経営している喫茶店に出かけ、働いて得た給料で喫茶を楽しみ、楽しい雰囲気を味わいます。


生活介護事業B班

■構成
利用者…7名 ・ 職員…3名

■特色
支援者が日課の流れを明確に提示することにより、安心して一日の活動に取り組むことができるという方々の班です。作業とリフ レッシュを主としたメリハリのある活動を提供し続けることにより、生活リズム・生活習慣・身辺処理の力を高めます。

■日課
午前中は軽作業に取り組みます。午後は自動車を利用して市内の公園に出かけ、周遊コースなどを散歩します。

■班行事
2月、「外食活動」として地域の物的資源を活用し、生活の幅を広げます。
3月、「おつかれさま会」として、1年間の労をねぎらい、年度を締めくくります。


生活介護事業C班

■構成
利用者…8名 ・ 職員…2名

■特色
身体機能の維持・向上が必要な方が利用し、身体を動かす活動を日課に取り入れて活動している班です。
5つの班の中では、年齢が高い方も比較的多く利用しています。

■日課
午前中は主に作業活動をします。
午後は健康維持活動を目的に、苑外での散歩や屋内でのストレッチ体操等を中心とした活動をします。
また、自立課題を通して、潜在的な力を引き出す活動に取り組みます。こうした個別対応により、利用者一人ひとりが生 活の中で発揮できる力を探り、伸ばしていきます。

■班行事
6月と3月、共に働く利用者と日頃の労をねぎらい、親睦を深めることを目的に「喫茶会」を行います。


生活介護事業D班

■構成
利用者…12名 ・ 職員…3名

■特色
作業を行うことによって落ち着いて過ごすことができるという方々が属する班です。
作業を中心とした日課の中で、利用者同士で助け合い、個々の成長につながるよう支援しています。

■日課
ほぼ一日作業ですが、午後から順番で外出し、散歩や図書館等に出かけることもあります。外出や療育活動を楽しみに することで、作業への意欲や集中力を高めます。

■班行事
ゴールデンウィーク中・夏季休暇の前後及び年末頃に、小グループに分かれて散歩に出かけ、自販機で缶ジュース等を 飲むなどしてリフレッシュを図ります。
3月、1年間の労をねぎらい、年度を締めくくることを目的に「お疲れ様会」を行います。


就労班 (就労継続支援B型事業)

■構成
 利用者…12名 ・ 職員…2名

■特色
個々の課題や目標を意識できる人、たくさん作業がしたい人、給料をたくさんもらいたい人が所属している班です。

■日課
一日を通し、生産活動に取り組みます。
また半日、5〜6人の利用者が職員とともに「施設外就労」として、一般企業に出向いて作業をしています。

■班行事
11月、社会見学として利用者の関心・興味・課題等を考慮した場所に出かけ、親睦を深め、社会性を身につけます。
1月上旬、新年会として、1年間の抱負や思いを話し合いながら、喫茶会などを行い、楽しく仲良く過ごします。